ミノキシジルタブレットを通販でゲット!AGAの原因について

男性の薄毛の90%以上を占めると言われているAGA。
その原因は「遺伝」と「生活習慣(ストレス・食習慣)」によるものが挙げられています。

生活習慣は自分でも改善出来そうですが、遺伝による影響でAGAになってしまった場合は、何も打つ手がないのでしょうか。イヤそんなことはありません。遺伝といっても、男性ホルモンが影響しているため、お薬による治療は可能なんです。

またAGAは進行型。そのため、一度症状が発生すると、対策をおこなわない限りどんどん症状は進行していきます。ココからは、そんなAGAの悩みを解消すべく、自分がどのタイプなのかを知ることと、その解決方法についてご紹介します。

ミノキシジルタブレットを通販!AGAの原因とは?

頭皮が薄い人の写真
ハゲや薄毛の原因であるAGAですが、その原因には男性ホルモンが大きく影響しています。
男性ホルモンによって、毛が育つのに必要な「毛乳頭細胞」の成長を短縮させ、ヘアサイクルの乱れをつくってしまうのです。その結果、毛に十分な栄養がいかず、細くて薄い弱い髪の毛が増えていってしまうというワケ。

男性ホルモンがAGAの引き金になる「遺伝」と「生活習慣」について、詳しくみていきましょう

AGAが遺伝するのはナゼ?

AGAが遺伝することは、すでに広く知られているのではないでしょうか?
そもそも、男性ホルモン(テストステロン)は血液に流れており、頭皮に存在する「5αリダクターゼ(酵素)」と結びつくことで、より強力な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」になります。これが、毛乳頭にある「男性ホルモンレセプター」と結合し、脱毛を促進する因子を増やすことで、髪の毛が抜けていくのです。

その中でも、頭皮に存在する「5αリダクターゼ」と「男性ホルモンレセプター」は、遺伝で受け継ぐと考えられています。

・5αリダクターゼ
両親のどちらか一方が、もっていれば遺伝されます。・男性ホルモンレセプター
男性ホルモンレセプターの遺伝子が、X染色体にあるため、主に母親に薄毛の人がいると隔世遺伝しやすいといわれています。

 
この両方が遺伝されることで、抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)がつくりだされるリスクが高くなるのです。

ハゲ方にも影響する!?頭皮にある「5αリダクターゼ」について

頭皮に存在する「5αリダクターゼ」は、2種類のタイプがあります。

・Ⅰ型5αリダクターゼ
皮脂腺に多くあります。・Ⅱ型5αリダクターゼ
前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く存在する。

 
それぞれのタイプで、分泌場所が異なります。どの種類の5αリダクターゼを多く持っているかによって、ハゲ方が変わってくるというワケ。

ストレスや食事からくる生活習慣が原因

AGAの原因では、日頃からの生活習慣も影響していると言われています。また、遺伝的要素がある人は、生活習慣の乱れによって悪化していく原因の一つです。

乱れた食生活や睡眠不足、運動不足などは、頭皮に必要な栄養やそれを運ぶための血流に影響を与えます。またストレスにより自律神経などが乱れてくると、ホルモン自体のバランスも崩れていくのです。

治療薬で男性ホルモンをコントロール!

生活習慣の乱れは、日頃からバランスのよい食生活をとりいれることや、ストレス対策として積極的に運動をとりいれるなど、自分でコントロールすることができます。しかし、遺伝的な要素が強い場合、どうすればよいのでしょうか?

そんなときに、有効なのがAGA治療薬。「外用薬」と「内服薬」の2種類がありますが、すでに進んでしまった症状には、内服薬がオススメです。また抑毛と発毛・育毛の治療薬があり、それぞれで効果は異なります。さらにAGAは進行型。発毛と育毛の両方に力をいれて、いつまでもフサフサした若々しい印象になりましょう!